トップ > あなたの目の下にできたクマはどの種類? > 要確認:原因・症状が異なる3つの目のクマ、あなたはどのタイプ?

要確認:原因・症状が異なる3つの目のクマ、あなたはどのタイプ?

実は目のクマにはいろいろなタイプのクマがあります。その原因によって大きく3つのタイプに分けられます。その3つは青クマ、茶クマ、黒クマです。適切なケアをするためにも、それぞれの特徴を確認していきましょう。

1.青クマ

まずは青クマですが、目のまわりの皮膚から毛細血管が透けて見えるため青く見えます。それで青クマと呼ばれています。青クマになる原因は冷えや、睡眠不足ストレスや疲労、目の疲れなどさまざまな原因が挙げられます。このような原因から血液の流れが滞り、血液が酸素不足になります。酸素が少ないと血液の色は濃い赤色になります。それが目の下の皮膚から透けて見えると青く見えてしまうんですね。

この青クマは冷え性や、ストレスなど血行が滞ってしまうさまざまな原因で起こると言われています。もちろん喫煙などの生活習慣も考えられます。対策は血行を良くすることです。

2.茶クマ

次は茶クマです。しみやくすみ、色素沈着などによるものです。紫外線によるダメージや、目のまわりをこすることで色素沈着を起こしてしまいます。これは肌の新陳代謝が乱れると、メラニン色素が沈着しやすくなり茶色のクマができやすくなります。肌の新陳代謝が乱れるのは、紫外線やストレスの影響が考えられます。古い角質とともにはがれ落ちるはずのメラニンが、そのまま残ってしまい蓄積されてしまいます。

またメイク落としの際に目のまわりを強くこすったり、化粧品にかぶれたりと物理的な刺激が影響して色素が沈着しやすくなってしまいます。目のまわりは皮膚が薄いのでとてもデリケートな部分です。ですから普段のケアがとても大切になってきます。

3.黒クマ

黒クマは目の下のくぼみ、またはたるみによって影ができてクマのようにみえてしまうことをいいます。目の下がくぼんでいてできるクマは、生まれつきの場合がありますが加齢によって目のまわりの脂肪がやせてきてしまう為に起きます。また下まぶたの眼輪筋、眼窩隔膜が緩んでしまったために、たるみができてクマになってしまうことでクマができます。

まとめ

●目のクマは原因や、状態によって種類がわかれる
●その種類によっても対策やケアの仕方が変わってくる
●的外れなケアをしないためにも、自分のクマの種類を把握する必要がある

スポンサードリンク