トップ > 自宅で・自分で・手軽にできる目のくまを改善する方法 > やらな損!たるみ・血行を改善する表情筋トレで黒クマや青クマ改善

やらな損!たるみ・血行を改善する表情筋トレで黒クマや青クマ改善

目のクマには、黒グマという種類があります。目の下のたるみによってくぼみができ、そこに影ができて黒く見えるクマのことです。また、血行が悪くなり血液に酸素が不足するとできてしまう、青グマがあります。これらのクマを少しでも解消するために、マッサージや筋トレに注目してみましょう。

目元の筋肉を刺激すれば、黒クマ・青クマに効果

顔には多くの表情筋と言われる筋肉が存在します。顔の表情をつくる筋肉で、30種類以上あると言われています。これらの筋肉が複雑に動いて、いろいろな表情を作っています。しかし普段はこの筋肉の30〜40%しか使われていないと言われています。そのためこれらの筋肉が衰えるとハリがなくなり、たるみやしわが出てきます。

筋肉は使わないと衰えてきますが、使うと鍛えられ筋肉を維持できるようになります。筋肉はポンプの役割があるので、体の大きな筋肉と同じように動かすと血行もよくなっていきます。ですから、たるみによる黒クマだけでなく、血行が悪くなってできた青クマを解消するためにも効果的と言えます。また筋肉が常に緊張した状態だとこり固まり、余計なしわを作ってしまうこともあります。表情筋は常に意識をして使いつつ、ほぐしておきましょう。

目のクマ改善に有効な表情筋トレ

眼のピントを合わせる働きのある筋肉は毛様体筋(眼筋)と言われていて、長時間のパソコン作業などにより近くを見ていると、この筋肉が疲労してきます。この筋肉を鍛える為には、遠くを見るということが必要です。近くと遠くを交互に見たりしばらく遠くの方を見たりすることで、筋肉をゆるませることができます。

そして目のまわりの筋肉である眼輪筋を鍛えることも大切です。眼輪筋は眼球を囲むようにある筋肉で、この筋肉が衰えるとまぶたのたるみにつながることがあります。この筋肉はまぶたを閉じたり開いたりする筋肉ですが、負荷をかけることで鍛えることができます。簡単にできるため、効果はとても実感しやすいと思います。まずはいろいろなトレーニング方法をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク