トップ > 女性にありがちな「目のくま」がデキてしまう原因とは? > ちょっと大丈夫!?あなたの目のクマ、病気のサインかも

ちょっと大丈夫!?あなたの目のクマ、病気のサインかも

目にクマができてしまう要因として、病気によるものが考えられます。クマは睡眠不足や目の疲労が要因でできるというイメージがありますので、治療もせずにそのまま放置する人も多いです。

その目のクマ、低血圧や貧血のサインかも

ただし、病気によってクマができてしまう場合もありますので、放置してしまうのは好ましくありません。貧血や低血圧によってクマができることは判明しています。きちんと対応しなければクマがどんどん濃くなってしまいます。

貧血は体内の酸素量を大きく低下させてしまいます。そうなってしまうと、皮膚や筋肉への酸素供給が追いつかなくなってしまうので、肌が青白くなってしまうのです。

その上、鉄欠乏症によって肌のツヤが失われてしまうので、髪の毛や爪にも影響を及ぼします。貧血を改善するには鉄分を補給することが求められるので、食材やサプリメントで補給できるように取り組みましょう。

それから、低血圧でもクマができてしまいます。血液を送り出す力が不足してしまうので、血液の巡りが悪くなってクマに発展します。低血圧によるクマを抱えている人は意外と多く、血行不良を改善してあげることが改善策となります。

お酒の飲み過ぎで肝臓が疲れてる場合も

あとは、肝臓にダメージが蓄積するとクマができてしまいます。肝臓は体内の老廃物を除去することが仕事なので、機能が低下すると良好な血液が流れにくくなります。

そして、皮膚が薄い目の下にクマとなって表面化します。クマは肝臓の影響を直に受けるとも言われているくらいに、密接な関係があるのです。

このように、病気が要因でクマができている場合もあります。ですから、どうしても改善できないときには、病院で診察を受けることも大切です。

スポンサードリンク